« 交響詩篇エウレカセブン(サミー) パチスロ スロット解析攻略ブログ | トップページ | 「スーパーおばあちゃん」42人の賭博訴追、キプロス当局が停止 »

2012年2月21日 (火)

金運とは

金運は、その人がどれほど金銭と深い縁にあるかを表す指標である。すなわち、金銭とのめぐり合わせの善し悪しを示しているのだと言い換えることもできる。

これは、ただ単純に金銭を稼ぐ能力の有無を問うているわけでも、資産運用の巧みさを比較しているわけでもない。節約上手かどうかという観点とも、やはり根本的に性格の異なる概念である。
たとえ多額の収入があったとしても、それを大幅に上回る支出が強いられるような生活をしているケースでは、金運が良いとはいいがたいだろう。反対に、湯水のごとく浪費していてもなお次々と金銭が舞い込んでくるのであれば、良い金運をもっているということになる。

「金は天下の回りもの」という有名な言葉がある。この言葉は、「金銭は一か所に永遠に留まり続けるものではなく、持てる者もいつか失うことになるし、持たざる者であってもいつかは手に入れる日がくるはずだ」という意味である。
資本主義経済が金銭と物品との交換可能性を前提に成立していることからわかるとおり、社会のなかを貨幣が循環しないことには、われわれの生活は成立しない。必ずや誰もが、金銭を手にしたり手放したりを繰り返しながら生きているはずだ。

しかしながら、現実に目を向けると、金銭はもともと潤っている場所だけでぐるぐると循環しているばかりのように見える。持たざる者のところへはわずかしかこぼれ落ちてこない。たしかに持たざる者たち同士のあいだでも金銭は回ってはいるが、その流通する絶対量が少ないのである。

この差こそが、金銭とのめぐり合わせ―つまり金運の善し悪しということになる。

« 交響詩篇エウレカセブン(サミー) パチスロ スロット解析攻略ブログ | トップページ | 「スーパーおばあちゃん」42人の賭博訴追、キプロス当局が停止 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1620656/44494471

この記事へのトラックバック一覧です: 金運とは:

« 交響詩篇エウレカセブン(サミー) パチスロ スロット解析攻略ブログ | トップページ | 「スーパーおばあちゃん」42人の賭博訴追、キプロス当局が停止 »

無料ブログはココログ